水稲の刈り入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日(日) 水稲の収穫を行うと連絡が入り、午後から出かけてきました。
9月26日頃から始めており、雨の日が続き、作業は、2~3日ほど遅れたようです。

先に収穫した水田には、小麦の種を播かれていました。
今日の作業は、田植えをお手伝い?した水田で、前日から始められており、既に半分以上の刈り入れが済んでいました。

作業の流れとしては、ご主人がコンバインで収穫し、それを奥さんが軽トラで運び、乾燥機に搬入するのですが、全て機械が行い、夫婦2人のオペレーターで、2ヘクタールほどの収穫を1日で処理するのは全くの驚きでした。
コンバインは5条刈りで、ほぼ、歩行する程度の速度で、刈り取り、脱穀、稲藁は残さず細かく裁断されていきます。

きらら397の収穫 2017.10.01 天候:晴れ

軽トラに積んだ装置(GRAIN コンテナ)にもみを自動で排出し、軽トラは調整室(納屋)の乾燥機の前に横付け、ここからも自動で乾燥機に送り込む。
素人目ではどれほどの容量があるかは分からないが、此処には三基の乾燥機があり、25%ほどある湿度を16%程までに乾燥させてから、農協に出荷するようである。

収穫作業は、雨に左右されるのは当然であるが、乾燥機の容量と農協のカントリーエレベーター?のスケジュールにも大きく左右されると言います。
田植えから収穫まで、初めての経験でしたが、如何に米作りの技術が集約されてきたのかを目のあたりにし、驚きと感動を覚えました。

変わりやすい天候で懸念された作柄も比較的良好のようで、稲の倒伏などもなく、まずまずであったようです。


画像はクリックすると拡大します。

調整室・搬送軽トラ
調整室・乾燥機
調整室
収穫後
収穫後
収穫後
収穫予定水田
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
コンバイン
コンバイン
GRAIN コンテナ
もみの排出
もみの排出
刈り取りの様子
ターン
収穫作業
収穫作業
コンバイン
コンバイン
収穫作業
収穫作業
取水栓
排水溝
水稲の様子
水稲の様子
水稲の様子
水稲の様子
コンバイン
コンバイン
水稲の様子
収穫作業
もみの排出
もみの排出
もみの排出
もみの排出
もみの排出
コンバイン
コンバイン
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫作業
収穫後
収穫後
収穫後
もみの排出
コンバイン
コンバイン
コンバイン
本日の作業終了
作業終了
搬送軽トラ
乾燥機
乾燥機
乾燥機
搬送軽トラ
JA出荷待ち
コンテナ詰め装置
乾燥ボイラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です