田植えの開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

妹背牛町のH家では金曜日(5/19)から田植えが開始されました。
先陣ではないが、早めのスタート、例年よりも早めという。

経営規模は10ha程、1枚が2ha程の水田が4枚と小さな水田が1、2枚。
1日1枚のペースで4、5日を掛けて終了する。

21日(日)に応援のつもりで出かけた。足手まといになるか心配が無いでもなかった。
畑の作業は、子供の頃に手伝うことがあったが、水田は全く経験がなかった。

朝6時に家を出、H家に到着した7時には、作業が開始されていたのだが、田植機(8条植え)の調子が悪く、1時間ほど修理に手間取った。
お昼の休憩と午前・午後1度づつの小休止は、今も昔も変わらないか。

ただ、苗代の様子、田植機の性能は想像以上出会った。技術の進歩は本当に目を見張るものがあった。
午後4時半頃には目的の作業を終え、旭川に戻った。

それほど疲労感はなかったが、立ち続けて居たので、足裏に疲れを感じた。
雨が降るとは予報されていなかったと思うが、途中、弱い雨が降るなど、肌寒さを感ずるほどであった。


画像をクリックすると拡大します。

苗の生育状況 田植えを待つ苗 田植えの後
田植機停止 昨日植えた水田 田植機トラブル
田植機の確認 修理確認のため 確認中
作業再開 田植え作業 田植え作業
苗代ハウス 苗取り 苗取り
田植え作業 田植え後の水田 田植え作業
田植機の戻りを待つ 田植え作業 午後の小休止
田植え作業 田植え作業 田植え作業
用水(石狩川から) 田植え作業 田植え後の水田
田植え機稼働の様子 田植え機稼働の様子 田植え作業
田植え後の様子 田植え機稼働の様子 田植え機稼働の様子
明日田植え予定の水田 田植え後の様子 作業を終えて

 

田植えの開始」への2件のフィードバック

  1. 最近の北海道は、夏場、九州・沖縄以上に暑いようなので早めの田植えなのでしょうか。統計学的な根拠は持ち合わせていませんが、九州は逆に遅めの田植え傾向にある気がします。写真を見る限り、田植え機も大きく、四条植えの田植え機は初めて拝見しました。九州とはやはり違いますね。
    私は幼いころ田植えの経験は少々あります。手植えのときは楽しかったですが、機械化によりつまらない気持ちになったのを思い出します。つらいのは、やはり収穫でした。これも鎌での収穫ですが。北海道の収穫機(コンバイン)は田植え機同様、たいそうなものなのでしょうね。ぜひ収穫時期の投稿も願います。

    • 北海道の田植えが早いのは、収穫期との関係と思います。
      収穫期の雪を避けるためにこの時期に田植えが行われています。
      田植機が大きいですが、水田も大きいです。この機械で1枚の水田に植えるのも1日掛かりです。
      でも一週間足らずで終えますから、大変な投資と言うことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です