旭川フットパス愛好会 お別れの会『 明る・(ピリオド)新しい一歩へ 』

旭川フットパス愛好会は、平成30年3月17日(土)に10年間の活動に幕を閉じました。
4月21日(土)記念の解散パティーが開催されました。

『 明るく(ピリオド)新しい一歩へ 』

日時:平成30年4月21日(土) 18:00 ~ 20:00
場所:レストラン プリミエール( 旭川市1条9丁目 コートホテル地下)

歓談を交えながら、自己紹介を兼ねたスピーチで、盛り上がった解散セレモニーとなりました。
自己紹介は、参加者の殆どが顔見知りということもあり、それぞれに与えられた三つのキーワードを盛り込み1分程度でとのことでした。
因みに、私に与えられたキーワードは、「先生」、「会話」、「ラッキー」でした。制限時間は大幅に超えながらも、何とか課題をクリアしました。

以下に、当日配布のしおりと、会員から寄せられた「旭川フットパス愛好会」に寄せられた思いの言葉を掲載します。


Aさん:ここ3~4年の参加でしたが、牛朱別川、永山新川、神居古潭などとても素晴らしいフットパスを歩くことができました。ありがとうございました。
B子さん:楽しい時間を過ごさせていただきありがとう御座居ました。残念です。旭川の歴史やアイヌ文化も知ることが出来、本当にありがとうございあした。
C子さん:2016年10月1日、カムイコタンのフットパスに参加。そのあと歩穂の会員に加人させて頂きました。しかし、なかなか参加できず、申し訳ないと思っておりました。今回の知らせにはがっくりしましたが、仕方ないことと思います.短い間でしたが、お世話になりました。
Dさん:世話人の皆様、永い間ありがとうございました。歩穂の会では新しい発見などもあり楽しかったですが残念ですー・・。全遭大会!が良い思い出となりました。
E子さん:お世話になりました!! 短期間でしたが参加させて頂き有難うございました。ご尽力くださった皆様に感謝申し上げますと共にご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
Fさん:多くの思い出を残すことができました。10年間ありがとうございました。
Gさん:いつの日か行事参加を願いながらも体調伴わず、“ペーパー会員“に終わった事、誠に心苦しく、運営に携わって頂いた皆さんに感謝とお詫ぴを申し上げます。色々なご尽力をありがとうございました。フットパス愛好の芽は受け継がれて、きっと花ひらきます!!
Hさん:時々行事に参加させていただきました。楽しかりたです.ありがとうございました。ご苦労様でした!!
Iさん:いつもお世話いただき有難うございました。残念ですが、何もしなかった自分のせいですね。フットバスの楽しさをおしえていただき有難うございました。
Jさん:歩穂に参加することによって、知らなかった旭川を発見でき楽しく過ごすことができました。高齢化は世の現実として受けとめ、解散を受け入れたいと思います。長い間有難うございました。
Kさん:発足当時の意気込みを継続することは難しいですね。事務局の方々、ご苦労様でした。
L子さん:10年間お世話いただき有難うございました。身近な自然を体感し、五感で味わうと共に学識豊かな方のレクチャーを受け、知らないことを沢山発見できました。感謝します。ありがとうございました。
M子さん:残念ですけど仕方ない事です。小規模でも気軽に集まって歩くことがあってもいいかなあと思っています。
Nさん:後半はほとんど参加せずにすみませんでした。事務局の方々には大変おつかれさまでした!
○さん:解散は大変残念ですが、歩穂の理念を感じながら川沿いのウォーキングを二人と一匹で楽しんでいこうと思っています。御苦労様でした。
Pさん:殆ど宴会要員ですみませんでした。川のまち旭川の大きな取り組みでした。全道の大会がいい思い出です。世話人の方々、お疲れ様でした。
Qさん:地域外からの参加も心よく仲間に入れて頂き、4年間お世話になりあした。自然の優しさをふみしめて歩く北邦野草園、突哨山、カタクリ等珍しい草花に接し、心がいやされた。亀吉の森の散策、石狩川、忠別川、旭川歴史文化の足跡をたどる集い、西興部一泊のフットパスコースを訪ねる旅等、楽しい思い出を沢山つくって頂き有難うございました。
Rさん:永い間、ありがとうございました。
S子さん:突然のお知らせに寂しく思いました。又、私個人何の役にも立てず心から申し訳なく思います。旭川・森と川ネット21で整備している「カワセミの杜」へ出向いていただいたこと、心よりお礼申しあげます。会員皆様各々の今後の御活躍を心からお祈り申しあげます。
T子さん:普段行けないところへ行けて、歩きながら植物の名前を教えて頂いたり、特徴を知らされたり、畦を間近に見たりできたことがとても楽しくよかったです。歩く距離が゛長すぎたのはちょっと苦しかったです。ありがとうございました。
Uさん:役員のみなさん、大変ご苦労様でした。
Vさん:いろいろ係わりを持たせていただきありがとうございました。80を過ぎると気力・体力に限界を感じるようになりました。事務局関係各位に敬意を表します。
Wさん:寂しいですネ。10年間の活勣は決してムダということはありません。フットパスの芽がきちんと育っていることは将来にむかって明るいものがあります。どこかでだれかがそれを慈しみ導いてくれることを願っています。ご苦労様でした。
Xさん:「歩穂」という名前の意味にピッタリの会でした。解散はとても残念ですが、歩穂の会で出会った温かい皆様との沢山の思い出を大切にしていきたいと思います。お世話役の皆様には感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました.
Yさん:10年にわたって旭川にフットパスの基礎を築いた業績はとても大きかったと思います。フットパスの原点に立った高い理念を掲げ、地域の自然を生かしたユニークな行勣は今後の指針になると思います。関係者の皆さんお疲れさまでした。
Z子さん:各界の知恵のかたまりの様な方々と共に出来た時間、もっともっと大切に充実させていたらと聊か心残りでありますが………、ありがとうございました。
AAさん;10年間ご苦労様でした。思い出は多くあります。マイカー至上主義によって地球環境の破壊が進み、人の健康にまで大きな影響を及ぼしています。たまには車を離れて自分の身体で自然と親しみ、皆さんと交流できる社会を取り戻したいものです。

旭川フットパス愛好会”歩穂”の解散

2018年3月17日「旭川フットパス愛好会」の臨時総会が開催されました。
2017年度の事業報告、決算報告が承認され、引き続き、事務局からこの会の解散についての提案が行われ、白井世話人代表から解散理由について次のような説明がありました。

最近になって活動継続についてのさまざまな問題が生じてきました。
その第一は会員数の停滞と高齢化であり、そのために近年の活動・行事における会員の出席率が年々低下傾向にあります。
そして第二に、より深刻な問題として、この会の運営に関わっている世話人の間に、高齢化に伴う体調不良などの健康不安が最近になって集中的に生じたため、本会の事務・運営に関わるさまざまな任務の遂行に重大な支障をきたすようになりました。しかも、会員全体の高齢化や個々の会員の私的・公的な生活状況などの理由から、世話人の交代や補充などもきわめて困難な状況にあります。

協議の結果、提案が承認され、10年間の活動に幕を閉じることになりました。
収支委残高の処理案、解散後の残務処理案についても承認され、解散後の事務処理(連絡先)は当分の間は 「旭川市旭岡6丁目4-3 高原一記 Tel/Fax 0166-54-6517」で行います。

また、解散を区切りとして、お別れの会『 明るく(ピリオド)新しい一歩へ 』が開催されます。

『 明るく(ピリオド)新しい一歩へ 』

日時:平成30年4月21日(土) 18:00 ~ 20:00
場所:レストラン プリミエール( 旭川市1条9丁目 コートホテル地下)

<歩穂>事務局ニュース ~2018年 2月 8日発行~

2月9日(金) 事務局から総会の案内が届きました。
03月17日(土)に開催されます。

突然のお知らせですが、諸般の事情で会の運営が困難となり、「会の解散」について提案されています。
事務局では、解散についてのご意見や10年の歩みに対する想い出などを求めています。


ニュースの内容

(臨時)総会

  • 開催日 3月17日(土) 13:30~16:30
  • 場 所 旭川市民生活館(旭川市緑町15丁目 52-8866)

当初、総会後懇親会を予定しておりましたが、「会の解散」の提案もあり、日を改めて開催することになったようです。

懇親会「明るく・新しい一歩へ 力強く」(仮称)

  • 日 時 4月21日(土) 18:00~20:00
  • 場 所 レストラン プリミエール(旭川市一条通り9丁目 コートホテル 26-5607)
  • 会 費 4,500円