旭川神社~彫刻美術館 2019.04.21

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成から令和への改元を目前に、明治、大正、昭和、平成の名残を探ることにしました。
今回は、明治26年(1893)に鎮座された「旭川神社」、回収・復元して平成29年(2017)10月8日に再オープンした「旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)」を巡りました。

旧旭川偕行社は、旧陸軍第7師団が旭川に設置された時に、将校たちが親睦を深める場として明治35年(1902)に建設されています。
旭川神社から「東旭川公民館」に進み、野外展示されている「路面電車」を見に行きましたが、まだ冬眠中の様子。「兵村記念館と同様、4月27日(土)オープンと思われます。

旭川市彫刻美術館に隣接する「井上靖記念館」も見学しました。旭川市彫刻美術館、井上靖記念館ともに入館料は免除(70歳以上の旭川市民)されました。
なお、明治、大正、昭和、平成の名残については、「大正橋と平成大橋そして旭橋」にも記事を掲載しました。


旭川神社

旭川神社由緒
おもかる石 八幡愛宕神社
禊 所 中央地神社

東旭川公民館

覆いを掛けられた路面電車
路面電車区間略図
東旭川公民館 東旭川公民館

旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

竹村病院六角堂
竹村病院六角堂 バッタの仲間

加藤 昭男

オルメカの微笑

高橋 清

ヘベレケ

最上 義之

偕行社とは

井上靖記念館

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です