三原邸の桜 -2020年-

今年の旭川市における桜満開の日は5月4日、全国の桜前線は、既に最北端に達したと報道されています。
しかし、新型コロナウィルスの影響を受け、お花見の規制、報道も控えられてきました。

毎年訪れている三原邸の桜は今が満開を迎えていました。
例年、訪れる人は少なく、コロナの影響もないだろうと出かけました。

ご主人、奥様とはお会いできませんでしたが、お孫さんとお話ができました。
お二人は、元気にしてはいるが施設に入り、ほ場の管理は困難とのこと、お孫さんが、土日や自宅待機などを利用して管理をしていると云います。

短時間ではありましたが、その間に見学に訪れたのは、3~4組でした。
平常時には、多くの人に見て楽しんでもらうのがこのオーナーの夢ではないかと感じています。


 

周辺散策(美瑛川・両神橋~国際見本林) -2020年-

2020.05.08

T.J氏の誘いで国際見本林の桜を見に行きました。
J.T氏のウォーキングコースで、今が真っ盛りとの紹介どおり、期待以上のものがありました。

歩けば30~40分ほどを要する両神橋右岸まで車で案内頂き、右岸堤防の桜を満喫しつつ、三浦綾子記念館近くのJ.K氏宅まで30~40分の散策でした。
新型コロナによる外出自粛は継続中です。


 

 

両神橋 2020.05.08

 

周辺散策(常磐公園と史蹟・野外彫刻) -2020.05.07-

雪解けは、昨年よりも1ヶ月ほど早く、桜の開花も早まるかと思われたが、ほぼ変わらずに満開期を迎えました。
昨日の神楽岡公園に続き常磐公園を散策、周辺の史蹟・野外彫刻も巡ってきました。

自宅から新成橋通を牛朱別川(新成橋)まで進み、そこから川沿いに旭橋まで下り、常磐公園、7条緑道、買い物公園通りを回り、
所要時間は、約3時間余り、ほぼ休憩無しに13:30分頃自宅に戻りました。


1 常磐公園の散策

 

旭 橋
上川神社頓宮
 

ここから7条緑道
西川哲郎文学館
開拓のイメージ

2 史蹟・野外彫刻

 


風の中の母子像
新成橋

1995 山内壯夫

隼の碑
新成橋

1957 山内壯夫

裸 婦
日の出橋

1968 木内克

裸婦立像
日の出橋

1961 木内克

微 風
永隆橋

1963 笹戸千鶴子

1981 笹戸千鶴子

人間像・感情

1959 加藤顕清

ロータリータワー
飛翔
文学資料館
小熊秀雄詩碑
今野大力詩碑
旭川開村記念碑
魚鳥記念碑

傾くかたち’84

1984 山口牧生

風の塔No8
雄 弁

1923 EIA・ブルーデル

人間の森

1957 O.ザッキン

行 列

1989 三木俊治

1970 本郷新

1984 空充秋

生きる

1989 空充秋

行幸啓記念碑

岩村通俊之像

1990 田村史郎

永山武四郎之像

1967 北村西望

母子像
ここから7条緑道

1963 加藤顕清

人 間

1951 加藤顕清

人間像・青年

1960 加藤顕清

思惟像

1961 加藤顕清

男子座裸像

1965 加藤顕清

婦人像・着衣

1964 加藤顕清

開拓のイメージ

1972 中井延也

1972 木内隷智

ロータリータワー

1979 一色邦彦

婦人像・裸立

1938  加藤顕清

若い女・夏

1972  佐藤忠良

サキソフォン吹きとネコ

2001 黒川晃彦

若い女

1971 佐藤忠良

 

周辺散策(神楽岡公園) -2020.05.06-

新型コロナウイルスの拡大防止で外出が自粛されてはいるが、散策を試みました。
旭川では、5月3日に桜が開花し、4日に満開を迎えています。

宮前公園の駐車場に車を止め、自宅~旧神楽橋~神楽岡公園~新神楽橋~自宅と一旦、家に引き返し、1条通りのこぶしの花を見てきました。
神楽岡公園の駐車場は閉鎖、桜はまだ満開には早い感じ、訪れる人影は疎らでした。


 

JR富良野線の鉄橋
新神楽橋
旧神楽橋から市街
公園入り口

 

 

アジュガ
宮前公園
エゾ紫ツツジ
一条通こぶし
一条通
弁天神社の梅

三代目 甘太郎~旭川~

8月9日(金) 3条通13丁目のお店を訪れました。
昭和22年創業。4条6丁目から現在地に移転して13年目と言う。


 

お品書き
梅酒など
梅酒など
三代目
先ずは一杯
新子焼き
たんもと
レバー
はつ
男 山
チャップ
3条通13丁目右1号
0166-22-5244
営業時間
17:30~24:30
ラストオーダー
24:00

旭山動物園 ~2019.06.30~

旭川煮転居して15年近くになるが、動物園には2度ほどしか訪れていません。
昨日、午後2時頃に何年振りかで出かけてきました。

70歳以上の旭川市民は入園料が無料になります。駐車場も有料、無料がありますが、無料駐車場には日曜日であっても余裕がありました。
今後、機会を見て何度も訪れてみようと、1時間ほどで帰ってきました。

今日訪れたのは、正面入り口近くの「フラミンゴ舎」、「ととりの村」、「ペンギン館」、「もうじゅう館」、「レッサーパンダ舎」、「オオカミの森」、「エゾシカの森」です。
写真は10枚ほどです。

フラミンゴ
フラミンゴ
フラミンゴ
ペンギン
ペンギン
ユキヒョウ
アムールヒョウ父
アムールヒョウ母娘
アムールヒョウ母娘
アムールヒョウ母娘
アムールヒョウ母娘
アムールヒョウ母娘
レッサーパンダ
オオカミ
オオカミ

旭川神社~彫刻美術館 2019.04.21

平成から令和への改元を目前に、明治、大正、昭和、平成の名残を探ることにしました。
今回は、明治26年(1893)に鎮座された「旭川神社」、回収・復元して平成29年(2017)10月8日に再オープンした「旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)」を巡りました。

旧旭川偕行社は、旧陸軍第7師団が旭川に設置された時に、将校たちが親睦を深める場として明治35年(1902)に建設されています。
旭川神社から「東旭川公民館」に進み、野外展示されている「路面電車」を見に行きましたが、まだ冬眠中の様子。「兵村記念館と同様、4月27日(土)オープンと思われます。

旭川市彫刻美術館に隣接する「井上靖記念館」も見学しました。旭川市彫刻美術館、井上靖記念館ともに入館料は免除(70歳以上の旭川市民)されました。
なお、明治、大正、昭和、平成の名残については、「大正橋と平成大橋そして旭橋」にも記事を掲載しました。


旭川神社

旭川神社由緒
おもかる石 八幡愛宕神社
禊 所 中央地神社

東旭川公民館

覆いを掛けられた路面電車
路面電車区間略図
東旭川公民館 東旭川公民館

旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

竹村病院六角堂
竹村病院六角堂 バッタの仲間

加藤 昭男

オルメカの微笑

高橋 清

ヘベレケ

最上 義之

偕行社とは

井上靖記念館

 

手造り豆腐料理の店「伝承館」

平成30年6月23日(土)、町内の6人で鷹栖町の豆腐専門店に行って来た。
車で20~30分程を要するが、送迎付きなので、便利であった。

伝承館

上川郡鷹栖町18線9号にある。
大正2年に建てられたという木造平屋の民家(農家の家)。社会福祉法人鷹栖共生会が寄贈を受け、平成10年に大雪山の見えるこの地に移築復元し、手づくり豆腐料理の店として、また、障害者雇用の実習の場として活用している授産施設の1つ。

地産地消を目指して鷹栖産・鷹栖近郊の食材の使用を心がけているという。

使用する豆は美味しいと評判の「大袖振」で、十勝から取り寄せた苗を地元の農家に委託して栽培している。
にがりには、体に良い自然に近い形のものをと、「赤穂のにがり」(海水から採った塩の本にがり)を使用している。

 

「自家焙煎 ジーン珈琲」オープン

平成29年8月18日(金)に新店オープンしました。
場所は、「北海道立旭川美術館」近くの閑静な住宅街の一角です。

 


 

「自家焙煎 ジーン珈琲」

開店祝 2017.08.18

 

  • 場所:旭川市7条通1丁目1485番地
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:月曜日・火曜日
  • 電話:0166-23-2550  FAX:0166-24-9788
  • 駐車場:あり

自家焙煎したコーヒー豆の販売と小さなカフェスペースがあります。
珈琲豆本来の個性豊かな香りとコクを引き立たせる「自家焙煎珈琲」をご賞味下さい。


焙煎機

ミル 2017.08.18

メニュー
焙煎珈琲豆
開店祝

第34回 酒々の会

9月28日(木) そば処「花の家」で開催されました。
27日の案内でしたが、たちまち満席となり、急遽、延長して予定が組まれたようです。

それでも参加者は20名余り、本日のお酒は、

  1. 秋田 ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹ひやおろし
  2. 長野 今錦 自然共生七 無濾過生
  3. 長野 今錦 自然共生九 無濾過生
  4. 長野 今錦 蔵内常温熟成 自然共生七
  5. 長野 今錦 蔵内常温熟成 自然共生九
  6. 滋賀 北島 24BY 生酛純米 雄町 無濾過生原酒
  7. 滋賀 北島 28BY 生酛純米 雄町 無濾過生原酒

でした。
メインのお酒は長野県中川村の米澤酒造が醸している「今錦」です。
この酒造会社は他の会社(伊奈食品工業)の傘下に入り、酒造りは続きますが、今日提供のお酒は、今後、口に入ることはなくなるだろうとのことでした。


 

ゆきの美人
自然共生七
自然共生九
蔵内常温熟成七
蔵内常温熟成九 北島 24BY
北島 28BY
今日の料理から 今日の料理から
今日の料理から 今日の料理から 今日の料理から