旭川魅力再発見講座~デザイングループ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

同講座第2回が12/2(土)中央公民館で開催されました。
第1回は11月25日(土)でしたので、「創発講座」と重なったため、今回が初めての参加、12月9日(土)開催予定の第3回が最終回となります。

この講座のねらいは、第1回に説明されていますが、「旭川の魅力や課題を歴史的な視点から掘り起こし、再認識することで郷土への愛着や誇りを持つことができます。
そのために、どんな魅力があるのかを調べ、その魅力の源を探り学んでいくことの方法を考え、たくさんの市民の人達と共に学びを深めることを深めることを目的とします。」とあります。

2006.12.02

2006.12.02

参加者の意見交換を通じて、19年度以降に開催される講座(テーマ、講座内容)を組み立てるよう、まとめ上げていくことが受講者に与えられた役割と理解しました。
参加者の関心(知りたい、調べたい、……)がすなわち、一般市民の関心であり、講座への関心に結び付くと考えたこの講座の企画のようです。

今回は、ラベルワーク予め決められたキーワード「なぜ・なに」について、参加者がイメージする人、もの、イベント、普段感じていることなどをラベルに記載し、キーワードごとに整理(模造紙に貼り付け)し、分類や関連づけなどを行い、市民向け講座のテーマに相応しいものを決定するに至る作業を行いました。

講座は、90分で、40分ほど延長して意見交換を行いましたが、テーマの決定には至らず、次回に持ち越しとなりました。
今回初めての参加で、講座の意図も十分に理解できずに、グループワークを経験させていただきましたが、第3回(最終回)がどのようになるのか、今から、期待で一杯です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です