延壽山妙法寺の法燈継承式

6月4日(日)法燈継承式が妙法寺本堂、法燈継承祝賀会が旭川グランドホテルで開催されました。
無信心な身には聞き慣れない言葉でしたが、要は、住職が交替する儀式と新住職の就任式のようなものであった。

妙法寺は日蓮宗。源流は明治30年に開設された「日蓮宗説教所」と言う。
私の実家は浄土真宗だが、義母が他界(昨年3月)したあと、お墓をお守りするため檀家入りした。

義父が3代続けて総代を務めていたこともあり、お世話にもなっていた。
継承式の案内が届いたので、どのようなものか興味もあり、参加した。

不明用語が多く、式次第、祝賀次第を掲載してみた。
掲載の許しは頂いていないが、次第の様子も掲載した。

なお、予定されていた入山の行列は雨天のため、中止されたようである。


法燈継承式
式次第

    第一鐘 十二時二十分 警  装
    第二鐘 十二時五十分 漉水散華
初、初  楽         師衆昇堂
次、開式の辞
次、道 場 偈
次、三 宝 礼
次、勧  請
次、開 経 偈
次、読  経         如来壽量品
次、中  楽
次、辞令伝達
次、法燈継承
次、奉 告 文          新 住 職
次、中  楽
次、読  経         如来神力品
次、祖  訓      生死一大事血脈鈔
次、唱  題
次、宝 塔 偈
次、回  向
次、四弘誓願
次、奉  送
次、祝  辞
次、祝電披露
次、記念品授与
次、謝  辞
次、閉式の辞
結、還  楽          師衆退堂
以上
歴代廟参拝
記 念 撮 影

 


法燈継承祝賀会次第

清     興   謡曲  宝生流「高砂」
開     会
祝     辞
清     興   御祝儀舞「七福神」
            花柳流徳彌生会 会主
鏡  開  き
乾     杯
清     興  「編曲八千代獅子」
            都山流尺八楽・生田流箏曲宮城社尚美会
謝     辞
万 歳 三 唱
閉     会

 


 

北海道音楽大行進(掲載記事一覧)

2006年(第74回)以降の大会の掲載記事の一覧です。

開催年をクリックするとその記事が開きます。

開催年 開催期間 記   事
平成29年 6月3日 第85回北海道音楽大行進
(2017年)
平成28年 6月4日 悪天候のため中止
平成27年 6月6日 第83回北海道音楽大行進
(2015年)
平成26年 6月7日 第82回北海道音楽大行進
(2014年)
平成25年 6月8日 第81回北海道音楽大行進
(2013年)
平成24年 6月9日 第80回北海道音楽大行進
(2012年)
平成22年 6月5日 第78回北海道音楽大行進
(2010年)
平成20年 6月7日 第76回北海道音楽大行進
(2008年)
平成19年 6月2日 第75回北海道音楽大行進
(2007年)
平成18年 6月3日 第74回北海道音楽大行進
(2006年)

第85回北海道音楽大行進

6月3日(土)初夏の訪れを告げる音楽大行進が開かれた。
昨年は、悪天候のため中止になった。

今回は、雨こそ降らないが、気温が10度前後。行進の熱気に押され、肌寒さに堪えながら、沿道からの熱い声援が送られていた。
札幌や網走など道内の101団体、4,000人程の参加、旭川の姉妹都市ユジノサハリンスク市から提携50周年を記念して特別参加があった。

私は、一般開催会場には行かず、幼児開会式場に顔を出し、その後沿道で行進の様子を追った。
午後、0時5分開会式の後、同20分から行進がスタートし、幼児・園児の行進の後、午後1時にロータリーを出発点とする一般の部が後に続く。

上着を1枚多く重ねていったが、それでも寒かった。途中で、トイレに立ったため、欠落したところがあるが、様子をアップする。
沿道に詰めかけた観衆は、13万人と報道されていた。


画像をクリックすると拡大します。

幼児の部開会式場
開会式場
開会式場
行進スタート直前
行進スタート
行進スタート
沿 道
行進スタート
つばさ幼稚園
 東六条保育園
東六条保育園
東六条保育園
東六条保育園
めばえ幼稚園
 めばえ幼稚園
 さくらおか幼稚園
さくらおか幼稚園
ひとみ幼稚園
ひとみ幼稚園
 ひとみ幼稚園
あしたば幼稚園
あしたば幼稚園
くりの木幼稚園
くりの木幼稚園
くりの木幼稚園
 緑が丘東幼稚園
緑が丘東幼稚園
緑が丘東幼稚園
 旭川蘭契保育園
 旭川蘭契保育園
 旭川蘭契保育園
あすなろ幼稚園
あすなろ幼稚園
旭川東光幼稚園
旭川東光幼稚園
沿 道
沿 道
一般の部先頭
北海道警察音楽隊
北海道警察音楽隊
陸上自衛隊
第二音楽隊
陸上自衛隊
第二音楽隊
陸上自衛隊
北部方面音楽隊
陸上自衛隊
北部方面音楽隊
ユジノサハリンスク市
カデットスクール
友好都市提携
50周年記念チーム
旭川市立近文小学校
旭川市立近文小学校
旭川市立春光小学校
旭川市立春光小学校
旭川市立緑が丘小学校
旭川市立永山南小学校
旭川市立北鎮小学校
旭川市立北鎮小学校
旭川市立永山小学校
 PL北海道第2MBA
Aチーム
 旭川市立大有小学校
 旭川市立大有小学校
 旭川市立旭川中学校
旭川市立広陵中学校
 旭川市立広陵中学校
 PL北海道第2MBA
Bチーム
 PL北海道第2MBA
Bチーム
旭川市立北星中学校
旭川市立北星中学校
旭川市立
神楽岡小学校
旭川市立
東五条小学校
 旭川市立
東五条小学校
東川町立東川小学校
V・A・バトンチーム
旭川市立
永山西小学校
旭川市立
神居東・神居・忠和
小学校
旭川市立
愛宕・旭川
小学校
旭川市立
愛宕・旭川
小学校
 旭川市立 朝日・
啓明・知新・千代田
小学校
 旭川市立 朝日・
啓明・知新・千代田
小学校
 旭川市立 朝日・
啓明・知新・千代田
小学校
 旭川市立 朝日・
啓明・知新・千代田
小学校
愛別町立愛別中学校
 比布町立比布中学校
当麻町立当麻中学校
当麻町立当麻中学校
旭川市立神居中学校
旭川市立神居中学校
富良野市立
富良野西中学校
上 富良野町立
上富良野西中学校
 上 富良野町立
上富良野西中学校
剣淵町立剣淵中学校
下川町立下川中学校
剣淵町立剣淵中学校
下川町立下川中学校
剣淵町立剣淵中学校
下川町立下川中学校
旭川市立六合中学校
 旭川市立六合中学校
旭川市立六合中学校
旭川市立
春光台中学校
旭川市立
春光台中学校
旭川市立
春光台中学校
旭川市立東光中学校
旭川市立東光中学校
旭川市立緑が丘中学校
旭川市立緑が丘中学校
札幌市立
前田北中学校
札幌市立
前田北中学校
東川町立東川中学校
 東川町立東川中学校
深川市立深川中学校
深川市立深川中学校
旭川市立忠和中学校
旭川市立忠和中学校
鷹栖町立鷹栖中学校
鷹栖町立鷹栖中学校
鷹栖町立鷹栖中学校
鷹栖町立鷹栖中学校
上川町立上川中学校
上川高等学校
上川町立上川中学校
上川高等学校
網走市立第二中学校
網走市立第二中学校
Baton team ONE
Baton team ONE
 Baton team ONE
旭川市立明星中学校
旭川市立明星中学校
スターキッズバンド
Aチーム
スターキッズバンド
Aチーム
東神楽町立
東神楽中学校
 東神楽町立
東神楽中学校
旭川市立永山南中学校
 旭川市立永山南中学校
旭川市立永山中学校
東川高等学校
旭川市立啓北中学校
旭川市立啓北中学校
中富良野町立
中富良野中学校
中富良野町立
中富良野中学校
中富良野町立
中富良野中学校
旭川市立
神居東中学校
Drill Team FUN
旭川市立北門中学校
旭川市立北門中学校
旭川市立北門中学校
 旭川東栄高等学校
旭川東栄高等学校
旭川東栄高等学校
旭川東栄高等学校
スクラッチ・ダーティ・
ブラスバンド
スクラッチ・ダーティ・
ブラスバンド
 旭川農業高等学校
Team TNS
Team TNS
Team TNS
王子製紙吹奏楽団
王子製紙吹奏楽団
旭川大学高等学校
旭川大学高等学校
旭川藤女子高等学校
旭川藤女子高等学校
旭川龍谷
シンフォニックバンド
旭川龍谷
シンフォニックバンド
スターキッズバンドクラブ
Bチーム
旭川市消防音楽隊
スターキッズバンドクラブ
Bチーム
旭川市消防音楽隊
スターキッズバンドクラブ
Bチーム
旭川市消防音楽隊
大雪クラブバンド
大雪クラブバンド
大雪クラブバンド
旭川南高等学校
 旭川南高等学校
旭川南高等学校
旭川明成高等学校
 旭川明成高等学校
旭川明成高等学校
北空知吹奏楽団
 北空知吹奏楽団
旭川工業高等学校
天理教鼓笛
ドリームバンド
天理教鼓笛
ドリームバンド
天理教鼓笛
ドリームバンド
旭川実業高等学校
旭川東高等学校
旭川東高等学校
旭川北高等学校
旭川北高等学校
旭川北高等学校
旭川西高等学校
旭川西高等学校
旭川西高等学校
旭川永嶺高等学校
旭川永嶺高等学校
旭川永嶺高等学校
 旭川永嶺高等学校
旭川永嶺高等学校
旭川商業高等学校
 旭川商業高等学校
旭川商業高等学校
旭川商業高等学校
旭川商業高等学校 旭川商業高等学校
旭川商業高等学校
旭川吹奏族
 旭川吹奏族
旭川吹奏族
旭川吹奏族
終 了
終 了
終 了
終 了
97 旭川東高等学校

三原邸の桜 ~2017~

5月10日(水)空港に行く機会があり、30分ほど早めに家を出て、足を運んでみた。
市内の桜は満開を過ぎているだろうが、ここの桜は市内より4、5日は遅れと聞いていた。

ちょうど見頃を迎えていたが、それほど知られていないのか、見物客は2、3組(10数名?)ほどである。
今年は、四街道(千葉県)と先日の神楽岡公園に続く、三度目の桜である。

桜の名所と言われるところは、人混みも激しく、落ち着いて見ることができない。
駐車スペースが十分とは言えないが、混雑がないため、庭園のそばまで車が寄せられるのもよい。

何度かお伺いしているが、満開のチャンスに恵まれたのは二度目である。
数年前に植栽されていた桜も相当大きくなり、数年後は更に楽しめそうに思えた。


画像をクリックすると拡大します。

神楽岡公園の桜~2017~

5月5日(金)に旭川の桜が満開を迎えたとされる。
5月7日(日)小粒の雨がぱらつく中、見頃ではないかと足を運んでみた。

気温は12~3度ほどであろうか、肌寒さを感じさせる。
訪れる人もそれほど多くはない。花を愛でるよりは、花より団子といった感じ。

ソメイヨシノに見慣れた私には、エゾ山桜にはいつも物足りなさを覚える。
キタキツネに出会ったが、心なしか、弱々しかった。

水芭蕉も盛りは過ぎたか。
感動することもなく、短時間で引き上げてきた。


 

古希の祝い?

4月8日(土)5家族9人がT家に集まった。
今年は、このうち、この日が誕生日を含め、3人が古希という。

T氏の取り寄せた新鮮牡蛎や手料理など、各人が持ち寄った飲み物・食べ物などで豪勢な集いとなった。
おまけに、送り迎え、すっかり酩酊して帰ってきた。


 

クエなどのお刺身 カラスミなど 手料理など 
     

千代田団地の桜~2017~

4月5日千代田団地の桜の開花状況を見てきた。
東京千鳥ヶ淵の桜が連日放映されており、ようやく満開を迎えたようである。

調整池のこぶし 2017.04.05

千代田団地の桜は、まだその気配がない。三分か四分咲きと言ったところか。
翌日の6日の午後に旭川に戻ったが、ここ2、3日の陽気で開花は一気に進み、1日で5、6分になっていた。

今年は、2度の桜が見られるかと楽しみにしていたのに期待外れに終わった。
旭川の積雪はゼロになっており、日陰のヵ所を残し、家の周りの残雪はすっかり無くなっていた。


調整池~池花公園~自治会館

     
     
     
     
     

Y氏を送る会

Y氏 2017.03.29

去る3月29日NTTデータでお世話になったY氏が定年を迎えられ、当時の関係者で送る会が開催されました。
案内を頂き、私の上京に合わせて皆さんの日程も調整されたようで、20名ほどが集まった。

Y氏は、生鮮食料品流通情報データ通信システム(FAINS)の発足から最期を見届けるまで、システムの変遷と共にされといっても過言ではない。
関わりのあった人も数多く、私も、2度の更改に関わらせていただいた。

会場は、新橋駅から歩いて5分ほどのところにある「炉端・海鮮しゃぶしゃぶ 能登輪島」だが、辿り着くのに苦労した。
10年振りの再会で、本当に懐かしく、あっという間に刻が経ってしまい、折角の機会なのに、何人かとはお話ができなかった。


 

     
     
     

旭川冬まつり-氷彫刻世界大会-(記事一覧)

2007年以降の大会の模様を掲載しています。
開催年をクリックするとその記事が開きます。

開催年 開催期間 記   事
平成29年
(2017)
2月7日~2月12日 第58回旭川冬まつり
~2017年 氷彫刻世界大会~
平成28年
(2016)
2月6日~2月11日 第57回旭川冬まつり
-2016氷彫刻世界大会-
平成27年
(2015)
2月6日~2月11日 第56回旭川冬まつり
-2015氷彫刻世界大会-
平成26年
(2014)
2月6日~2月11日 第55回旭川冬まつり
-2014氷彫刻世界大会-
平成25年
(2013)
2月6日~2月11日 第54回旭川冬まつり
-2013氷彫刻世界大会-
平成24年
(2012)
2月8日~2月12日 第53回旭川冬まつり
-2012氷彫刻世界大会-
平成23年
(2011)
2月8日~2月13日 第52回旭川冬まつり
-氷彫刻世界大会-
平成22年
(2010)
2月6日~2月11日 第51回旭川冬まつり
-氷彫刻世界大会-
平成21年
(2009)
2月7日~2月11日 第50回旭川冬まつり
平成20年
(2008)
2月7日~2月11日 第49回旭川冬まつり
平成19年
(2007)
2月8日~2月12日 第48回 旭川冬まつり
(画像はありません)

第58回旭川冬まつり~2017年 氷彫刻世界大会~

第58回旭川冬まつりは、2017年2月7日(火曜日)~2016年2月12日(日曜日)9:00~21:00(最終日は20:00) 石狩川旭橋河畔・平和通買物公園で開催です。
2017年氷彫刻世界大会は、平和通買物公園で制作競技が 7日7:00~9日11:00に行われ、競技終了後~2月12日22:00に作品の展示が行われます。

2月9日(木)会場を見てきました。
晴天に恵まれ、気温は零度前後でしたが、汗ばむほどの陽気で、会場には、幼稚園児やアジア系の外国人が多いと感じました。

買物公園(2条通り→7条通り)→7条緑道→常磐公園→石狩川旭橋河畔→常磐公園→7条緑道→買物公園(7条通り→駅前→2条通り)と回りましたが、途中でカメラが不具合、予備のコンパクトに切り替えて無事帰りました。

以下、会場の様子を掲載します。画像はクリックすると拡大します。


第58回旭川冬まつり

ポスター 旭 橋
大雪像
旭 橋
バルコニー雪だるま
バルコニー雪だるま
冬マルシェ
冬マルシェ
バルコニー雪像
大雪像
中小雪像群
中小雪像群
中小雪像群
中小雪像群
観 客
 観 客
雪像甲子園
雪像甲子園
観 客
観 客
スノーラフティング
中小雪像群
旭 橋
大雪像
大雪像
7条緑道

2017年氷彫刻世界大会

長さ1m、重さ125kgの氷8本を様々な形に組み合わせ、2昼夜(40時間)をかけて氷彫刻の業を競い合います。
個人戦では神奈川県の平田浩一さんの作品「~Crystal Fairy~」が最優秀賞に輝き、団体戦では東京都の木村裕昭さん・小林義明さんのチームが最優秀賞を受賞しました。

 個人戦

No.25は出場辞退

 ポスター
1.不思議の国の。

大阪 下元裕介

不思議の国の。
2.鷲の夫婦

香川 南利弘

鷲の夫婦
3.福 音
新東京 三輪祐之
4.体操教室
(あん馬)

京都 松島義典

5.Ocean Kiss
海乙女のくちずけ

帯広 丹野裕則

雪だるま
6.守り神

愛媛 山口日出晴

 守り神
 7.未来への願い

鹿児島 治島良憲

 未来への願い
8.和の美しさ

東京 小阪芳史

和の美しさ
 和の美しさ
9. Pole Dance

愛知 和田健

10.獲物を狙う虎の親子
(氷像なし)
11. MOTHER

群馬 奥原大介

MOTHER
12.樹海の妖精達

岡山 井上敏

樹海の妖精達
13.ほほえみ

札幌 森藤真介

14.躍 動

新東京 竹内倫哉

15.妖 艶

香川 真鍋廣之

16.祈り
~幸せの種~

札幌 佐藤寿則

17.アマガエル

沖縄 山本健

18.願いを込めて
(妖精)

滋賀 松田康雄

19.永遠に

福岡 川本伸二

20. The Earth
地球は神が支えてる!

神奈川 桜井勝弘

優秀賞

The Earth
地球は神が支えてる!
21.日本の美
The beauty of Japan

札幌 曽根秀幸

日本の美
The beauty of Japan
22.唐獅子

福島 大内勇太郎

唐獅子
23.
~Crystal Fairy~

神奈川 平田浩一

最優秀賞

~Crystal Fairy~
24. The King of wishful thinking

バンコク
Chavayut Nimnoun

 団体戦

No.15は出場辞退

会場内配置図
1.幸村、見参!

東京都
佐々木颯吉・山本一雄

2.時を刻む妖精

神奈川
井上仁・長野通教

優秀賞

3.ケンタウルスの矢

沖縄
真保栄悟・新垣直人

4.北の大自然

愛媛
村上幸治・小山英仁

5.勇猛果敢

神奈川
城戸慎二・加瀬秀雄

6.月夜の幻想

大阪
松川敏久・川原崎幸一

月夜の幻想
7.キャッチ(捕獲)

帯広
一ノ瀬幸喜・馬渕善範

8.ちはやふる

滋賀
中寺吉宣・土橋貴弘

ちはやふる
ちはやふる
9. 獅子の伝説

愛知
宮﨑龍・鷺村義仁

10. ファウンテン
(噴水)
天使に捧げるメロディー

東京
近藤卓・藤山秀夫

11. KING OF SKY
天空の覇者

沖縄
島塁輝・比嘉睦巳

12.畦道
ー夕暮れの帰り道ー

帯広
伊藤礼蔵・宍戸孝夫

畦道
ー夕暮れの帰り道ー
13. GOLD FISH

大阪
島田佳明・興梠剛司

14.マーメイド

福岡
秦武日児・高村功也

16. 襲 撃

東京
木村裕昭・小林義明

最優秀賞

17. WING

札幌
佐藤史門・菅原康宏

18. 激突『龍虎決戦』

愛知
古川拓生・杉本直哉

19.瞬 刻

千葉
稲垣和彦・飯野日出夫

20.「Reborn」
(リボーン)
~偽りから誠へ~

愛媛
高岡章・村尾邦彦

「Reborn」
(リボーン)
~偽りから誠へ~
21. 頂点への道
~点対称の美~

岡山
重田宏明・森川信次郎

22.皇帝と虎の戦い

新東京
長沼誠・山口裕章

23. 海の守り神

愛媛
大石孝明・藤木慎二

24.王 者

札幌
髙澤直之・吉川恭一

 25.野菜の妖精

福岡
野方慶次郎・舟木慧