平成30年度芦別市芸術文化交流館運営委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年度の交流館事業が10月31日(水)に終了しました。
早朝、遠くの山々は雪を抱き、冬の到来を告げてます。午後から行われた幟の撤収、雪囲いなどの作業が行われ、引き続き開催された標記委員会に参加させて頂きました。

運営委員長、教育委員会、館長の挨拶に続き、教育委員会担当者から、幟やパンフレットによるPRの実績、今年度の展示内容などの報告がありました。
今年度の入館者数は、9月までの実績として1,223人と報告されましたが、私が集計した10月分を加えると1,407人となり、前年(1,579人)より10%近くの減少になります。

昨年も10%以上の減少があり、ピーク時(平成25年 2,562人)とくらべ、大幅の減少です。
そうした中にあっても、アトリエ入居者は今年度も活躍されています。

入館者の居住地を見ると、芦別、新城が全体の7割強を占めていますが、次いで、札幌、旭川、浦臼、深川、滝川、埼玉県、東京都と続きます。
浦臼町が昨年に続き、老人クラブの団体で見学に来られて、上位にいます。

老人クラブや町内会の一行、クラス会の一行も来館されており、今年はつくば市議団(4名)の視察もありました。
「芦校8期(河瀬先生のクラス)傘寿の集い」の一行(15名ほど)が、河瀬先生の誘いで、交流館に足を運ばれ、感動して帰られた様子(私信)が紹介されました。

協議事項、フリートークでは、「交流館PRのパンフレットの質を上げられないか」、「ホームページの工夫が必要ではないか」、「インターネットに疎い人も多く、口コミが間違いなく効果がある」、「幟の設置場所も検討が必要」といった意見がありました。
私は、「入館者に対するアンケートを実施しては」と提案して見ました。

管内には、入館者が感想や意見等を書き込むことのできるノートが設置してあります。
なお、当館に、芦別市短歌連盟から「はしどい」(第83号)の寄贈がありました。

運営委員会の様子

 

道展の成績(札幌市民ギャラリー)

会員推挙:永田守男さん
会員推挙:高鶴悦子さん
会 友 賞:川上直樹さん
佳  作:福司康二さん

 

交流館のこと

私 信
自由ノート
寄贈同人誌
自由ノート記載例
8/25
作品がたくさん逢って楽しめました。
本格的な絵からかわいらしい絵まで、アットホームで取り組んでいる良さを感じました。(匿名)
9/12
初秋の1日、ゆったりした時間を過ごさせていただきました。
ちょっと自分を振り返り、また、出発する。そんな機会を得られた空間でした。有り難うございました。(芦別市)

 

新城峠から

交流館からの帰路に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です