同好会などの作品

 芦別俳句連名

 芦別俳句連名の作品

チュコ渡す
  指先触れて
 春兆す
ねねとよど
  微笑みかはす
 菊人形
東京の
  顔で戻りし
 盆休み
秋燈へ
  弾きいだされし
 八千代獅子
奥原 俊子 奥原 俊子 奥原 俊子


久田 余四雄
もの芽出て
  記憶の端を
 つかみけり
料蛸や
  渡せぬままの
 贈り物
東京に来て
  夏帽子
 買ひにけり
黎明に
  年引き継げる
 鶴の声
久田 余四雄 久田 余四雄 柏原 佳代子 奥原 俊子
秋風を
招いてひとりの
ティタイム
奥原 俊子
桃一枝
  添えて弥生の
 壷となる
文楽の
 頭かなしや
 雪卍
手をつなぐ
 きっかけとなる
 春の泥
秋気澄む
  太極拳に
 音のなし
飾らなき
  人柄がすき
 草の花
斉藤 冬海 佐藤 岳灯 久田 余四雄 伊東 澄子 柏原 佳代子
  空に竜骨
 ありありと見え
   あれは母
  老僧の
 一人降り立つ
   盆の駅
  一文字に
 秋扇置れ
   舞い収む
  白く落ち
 碧く淀めり
   滝の水
  雨音に
 目覚むや海は
   霧の中
須藤 大硯 柏原 佳代子 佐藤 岳灯 斉藤 冬海 柏原 佳代子
  老いてなほ
 豊の幸せ
   桜咲く
 宿木(ヤドリギ)の
 主張を通す
   芽吹きかな
  野良犬の
 舌の長さや
   敗戦日
  中空に
 銀の空あり
   飯豊山
  雲流る
 笑顔で眠る
   子猫かな
久田 余四雄 奥原 俊子 石岡 忠雄
  箸袋
 結び箸置く
   春の繕
  星月夜
 恋人達の
   観覧車
  ものの芽に
 色づく個性
   乳母車
須藤 大硯 久田 余四雄 須藤 大硯
  雪棚を
 見抜き事無き
   夫婦鹿
  逆縁とは
 かくまで哀し
   連花火
  ついぱむも
 翔つも艶なり
   あそび鶴
久田 余四雄 石岡 忠雄 西川 徹郞
  芽 吹かむとして
 一山の
   たたずまひ
  父母の
 あらぬ故郷
   牡丹の芽
  誰も知らない
 屋根裏の
   鶴の村

 絵手紙の会

 絵手紙の会の作品

  以下に、一点ずつ任意に作品を掲載します。小原淑江さんの作品はありません。
  作品をクリックすると拡大します。

 佳香会 


真田 香舟
うぐひすの
こそのやどりの ふるすとや
われには人の 連なかる覧
御史臺衆(臨書)小本 利峰 昭晣神光 臨書 小本 利峰
偶然値林叟 阿部 芳園 潮水環帰海 阿部 芳園 潮水環帰海 真田 香舟
佐藤 春華
金色の
小さき鳥の形して
銀杏散るなり夕日の岡に
(与謝野晶子の歌)
臨書 西 幸苑 小本 利峰
かぎりなく
富士より雲のひろごりて
人ははかなきものおもひする
夕殿下珠簾西 幸苑 以為僚佐(臨書)荒川 湖芳 心繫煙霞(臨書)荒川 湖芳
談笑無還帰 阿部 芳園
鶯歌和山深佐藤 春華