2021年度事業活動計画

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月14日(日) 2021年度の会員会議(総会)が開催されました。
事業活動計画を紹介します。

石狩川を野生のサケのふるさとに!(運動の合い言葉)

1.運動の目標
1)河川環境保全活動とサケの調査を通して、石狩川上流域での野生サヶの回復を進展させます。
2)サケの不思議講座、サケガイドを充実して、市民の関心とモチベーションを高めます。
3)会員の自発的な取り組みと総意工夫によってイベントを盛り上げ.市民参加を高めます。
4)会員数200名をめざして、運動の輪を広げます。※現在176名(2021/01/01現在)

2.主なイベント

1)春の行事

①学ぼうサケの不思輿(サケの講演会)            2月
②人工産卵床モニタリング               2月・3月
③まなぴピアあさひかわ(パネル展)             3月
④サケ出発式(稚魚放流会)とカムイノミ           3月

2)夏の行事

①春の川クリーンウォーク(ゴミ拾い)&ジンパ(河川観察)  5月
②学ぼう川のはたらき(川・河川の学習講演会)        7月
③みどりの回廊展(パネル展・サケクィズ)          未定
④「サケ」を知って「サケ案内入」になろう(サケの不思議講座)8月

3)秋の行事

①サケを見つけよう(産卵床・ホッチヤレ調査)     9~11月
②サケのふるさとを訪ねてて(川訪問)            9月
③石狩川クリーンウォータ(ゴミ拾い)            9月
④サケを迎える(カムイチェプ・ノミ)            9月
⑤サケguide(見学市民向け)                 10月
⑤神楽市民交流センター祭(パネル展示・サケクイズ)    10月
⑦サケの遡上する河川環境見学会(神楽公民館Circle体験)   10月
⑤おいしいサケクッキングⅠ(神楽公民館Circle体験:守る会) 10月

4)冬の行事

①CoCoDe祭(パネル展示・サケクィズ)   未定
②サケのゆりかごづくり(人工産卵床づくり) 11月
③おいしいサケクッキングⅡ(トパづくり)   11月
④発眼卵の埋設                  12月
⑤人工産卵床モニタリング              1月

3.連携活動

1)大雪と石狩の自然を守る会(さけゼミナールとの連携)
2)旭川森林ボランティア倶楽節(「河川環境保全」をめざし「森林環境」の保全に取り細む)
3)あさひかわ自然共生ネットワーク(賛同する自然環境保護団体との連携)
4)北海道サケネットワーク

4.その他

l)NPO法人(Non for Profit Organization):(特定非営利活動法人)化を目途に、認定・運営状況等を整備し、2022年度会員 会議に諮れるよう取り組みます。
2)出前授業(サケ学習)の実施を推進します(幼稚園・保育所・小学校・中学校等)。
3)安定的な運営をめざして、各種助成金の取得に向け取組を強化します。

コメントを残す