ふれあいランチ・寄り合い茶の間

 「ふれあいランチ」、「寄り合い茶の間」の運営に関する記事や開催の様子などを紹介します。

 「ふれあいランチ」、「寄り合い茶の間」は、それぞれ、地域の方が身近なところで、食事をしたりお茶を飲みながら行う、おしゃべり交流の場で、地域での“つながりづくり”を目的に取り組んでいます。

 参加費は、「ふれあいランチ」が400円(昼食代)、「寄り合い茶の間」が100円(お茶代)です。

 ふれあいランチの発足

 閉じこもりがちなひとり暮らし高齢者の皆さんに,生活の不安や孤独感の緩和を目的に,食事の提供を行う活動が、今年で21年を迎えました。


 寄り合い茶の間の発足

 多くの町内で、転出者が相次ぎ、空き家や空き店舗の増加が著しく、町内会が弱体化し、解散に追い込まれるケースも見られます。
 一方で、マンションや集合住宅の建設も進んでおり、入居する者も少なくありませんが、地域への同化が為されず、近所づきあいが疎遠になってきています。

 そんな中にあって、多くの高齢者は、年々、外出の機会やお話をしたり相談する場がなく、孤立化する状況も生まれてきています。
 内に籠もるのは、健康にも悪影響を及ぼすことが多いことから、「寄り合い茶の間」は、まずは話し合いの場をつくろうということで発足しましたが、それを機会に「安心・見守り」の一つの機能を果たし得ると考えています。